茨城大学OLDの会則
特別条例はこちら

第一章 総則

第1条 所属

当部は茨城大学オリエンテーリング部と呼称し、茨城大学学友会に加盟し、学友会内のスポーツ同好会系サークルに所属する。

第2条 目的

オリエンテーリング部は以下の目的のもと活動を行う。

  1. オリエンテーリング等を通じて仲間との友情を深め合い、社会の基礎を学ぶ。
  2. 三月に行われる学生選手権大会において、優秀な成績を残す。

第二章 組織

第3条 メンバー

当部は茨城大学学部生・院生及びその関係者によって組織、運営するものとする。

第三章 運営役員

第4条 運営役員の種類

当部の運営に関して以下の役員を置く。

部長    1名
大会参加  1名
学連    1名
渉外    1名
交通    1名
宿     1名
会計    1名

その他必要に応じて役員を置くことが出来る。また、場合によっては兼任や一つの役職に複数人置くことも可能である。ただし第12条により制限を受ける。
第5条 部長

部長については第4章で後述する通りである。

第6条 大会参加

大会参加は大会参加時における人数の把握、大会への申し込み等の任務を持つ。また、諸大会を部員に広く知らしめる任務も持つ。

第7条 学連

関東学連に茨城大学オリエンテーリング部代表として参加し、当部に不利益が生じないように務める。また、他大学との交流を広げる任務も持つ。

第8条 渉外

主に練習会時における協会等への連絡事務を任務とする。また、協会等と当部の関係を良好のものとするよう務める。

第9条 交通

大会及び練習会時において、会場までの交通手段を考え、決定することを任務とする。その際、時間・交通費を考慮し、最適であるものを提示しなければならない。また、交通費の徴収・清算も行う。

第10条 宿

泊りがけでの大会への参加時や練習会を行う際、部員の利用する宿を探し、申し込むことを任務とする。また、宿泊費の徴収・清算も行う。

第11条 会計

部の会計に関する一切の権限を持ち、その責任を負う。第6章で後述する部の財政の執行・管理における最高責任者でもある。また、交通費や宿泊費等の徴収・清算業務における補佐の役割もある。

第12条 部長と会計の兼任禁止

部長と会計は、人員不足等の不可抗力的事情を除き、原則兼任してはならない。

第四章 部長・部会

第13条 部長の任命

オリエンテーリング部部長は、原則運営役員担当学年の中から指名し、部会で承認されることによって任命される。これは他の全ての案件に先立って行われる。

第14条 部長の職務

部長は部を代表して議案を部会に提出し、部員(必要時には卒業生も含む)に部会内容を報告する。また部の運営各部を指揮監督する。

第15条 運営役員の職務

運営役員は第3章における一般事務のほか、下記の事務を行う。

  1. 部会における決定事項を施行し、職務を遂行すること。
  2. 部会における決定事項の定める基準に従い、各事務を実施すること。
第16条 部会
  1. 部長は必要に応じて部会を開く権利を持つ。部員は正当な理由なく部会参加を断ることは出来ない。正当な理由で参加出来ない場合は、部会前に部長にその旨を伝えなければならない。
  2. 総部員の過半数、または運営役員の過半数の要請がある場合、部長は部会を開かなければならない。
第17条 定足数、表決
  1. 部会は総部員の三分の一以上の出席がなければ、開くことが出来ない。出席は、第16条の1での事前にわかるもので判断する。この場合、部長は速やかに部員にこのことを伝えなければならない。
  2. 部会での議事はこの会則に特別の定のある場合を除いては、出席部員の過半数でこれを決し、可否同数の場合は部長の含まれているものを部の議決とする。
第18条 会議録、決定事項の公表

部会の内容は記録し、かつ広く公表しなければならない。また決定事項においては直ちに公表しなければならない。

第19条 部長の任命・罷免権
  1. 部長は部の運営役員を任命する。
  2. 部長は任意にこの役員を罷免することが出来る。
第20条 不信任決議権とその効果
  1. 部員は部会において、役員に対する不信任決議を行う権利を持つ。但し部員の三分の二以上の出席を要し、過半数の賛成を必要とする。
  2. 上記の不信任決議を受けた役員はその役職を辞任しなければならない。
第21条 部長代理の指名

部長は部会に正当な理由で出席出来ない場合、部員に部長代理になる事を請求出来る。

部会において、部長代理は部長と同等の権利・義務を持つ。

第22条 部長の勅命

緊急を要する事態が発生した場合、部長の勅命でその用件を果たさなければならない。

第23条 緊急時における役員の優越

緊急を要する事態が発生した場合、役員は協議の上、部会の議決を待たずして役員の決定事項を部の議決として即決・施行することができる。

第五章 部員の権利・義務

第24条 反強制の原則

部員は大会・練習会において、部全体の利益に反しない限り参加を強制されない。本条文が部員に保障する原則は、侵すことの出来ない永久の原則として、現在及び将来の部員に与えられる。

第25条 納税の義務

部員は、会計職の命令の定めるところにより、部費を払う義務を負う。

第26条 清掃の義務

部員は、学務より定められたサークル棟清掃の義務を負う。

第27条 参加の義務

部員は、学生選手権大会に参加する義務を負う。本条文は第24条により制限されない。

第六章 財政及び会計の権利・義務

第28条 部費の執行・管理責任者

部の財政は部費とし、会計がその執行・管理責任者である。部費の紛失等で生じた損害は、会計が自己負担する義務を負う。

第29条 部費の徴収権

会計は部費の不足によって、部費を徴収する権利をもつ。一回の部費の徴収額は、三千円を上限とする。

第30条 部員の部費への請求権及び物品購入請求権
  1. 部員は部の活動に関することで生じた支出についてのみ、その支出を部費から支払ってもらうことが出来る。
  2. 部員は部の活動で必要と思われる物品に関して、購入請求をすることが出来る。
上記の1及び2は、その旨を会計に伝えることで請求とする。この際、会計は請求が部の活動で生じたものかどうかを判断する権利を持つ。
第31条 会計の請求に対する拒否権

会計は部費を滞納している部員からの第30条の1及び2による請求を拒否する権利をもつ。また、部の活動範囲を越える支出である、活動において不要である、と判断した場合も請求を拒否出来る。

第32条 部員の再請求権

部員は第31条における拒否権を行使された場合、部長に再請求することが出来る。その際、部長は該当部員以外の部員と協議する。結果、部長を含む総部員の三分の一以上の部員が正当な請求権の行使であると認めた場合、会計は拒否権を行使することが出来ない。

第33条 部員の監査請求権

部員は部費への監査請求権をもつ。会計は部員に監査請求された場合、部費の収支を報告しなければならない。

第34条 会計の収支報告書提出の義務

会計はその任期を終える際、自分の在任期間における収支報告書を提出する義務を負う。

第七章 特別条例

第35条 特別条例の制定

本会則に反しない範囲において、部の活動に関する特別条例を制定することが出来る。

第36条 発議

4人以上の発起人をもって、特別条例を発議することが出来る。

第37条 承認と制定

部会で第17条の2における表決において承認された場合、特別条例として制定し、効力を発揮する。

第八章 会則及び特別条例の改正

第38条 改正の手続き
  1. この会則及び特別条例の改正は、部長から召集された会議において総部員の過半数の賛成を必要とする。
  2. 会則改正について、前項の承諾を経た時は、部長は直ちにこれを公表する。

第九章 最高法規

第39条 会則の最高法規性

本会則は、当部における最高法規であって、その規約に反する命令、活動、運営に関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない。

第十章 補足

第40条 会則施行日

本会則は、2004年5月より施行された「オリエンテーリング部日立支部会則」を17期のメンバーが改定・追加したものであり、「オリエンテーリング部会則」として2009年5月より施行される。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-27 (木) 10:52:22 (1460d)
www.000webhost.com