拡張プラグインマニュアル



html2pdf

概要

HTML2PDF.BIZ − HTMLからPDFに変換するWebサービスAPI が公開されたので早速プラグインにしてみました(所要時間3分)

印刷用スタイルシートが使用される模様です。 内部で生成しているわけではないので、アクセス制限がされていると生成できません。

#正直、プラグインでなくても、ブックマークレットぐらいでもいいのではないかと思いますが。

関連

書式
&html2pdf;

もしくはアクション型で

index.php?cmd=html2pdf&page=ページ名

スキンに埋め込む場合は

<?php if(exist_plugin('html2pdf')) echo do_plugin_inline('html2pdf'); ?>

のようにするとリンクができます。

(↑クリックするとPDF生成されます)
入手先

Plugin/html2pdf.inc.php - Sonots' PukiWiki プラグイン

response

使用法

articleが自動的に挿入するcommentプラグインを、このresponseプラグインに置き換えることにより、レスの付いたスレッドがarticleの直下まで上昇する。

このプラグインはWikiの内容自体に記述して使用しない。

articleプラグインとの併用が前提であり、単体での動作は(動くことは動くが)保証しない。

BBSのプラグインというと、規模も大きなものになってしまい、サーバ側の設定も複雑で面倒なので、掲示板を軽く使いたいとき、少なくともこれだけの機能があればまぁ実用的かなと思い、作成しました。

書式
#response

commentプラグインに準じるが、単体での使用は想定外

入手先

自作プラグイン/response.inc.php - PukiWiki-official

secedit

特徴

導入が簡単(パッチよりは)

部分プレビュー可能

編集リンクのレイアウトを変更可能

大見出しから大見出しまで、小見出しから小見出しまでの編集も可能(要設定

アンカー名に依存しないので $fixed_heading_anchor がオフでも使える

アンカー名に依存しないので 手書き(自動生成じゃない)アンカーでも使える

アンカー名に依存しないので アンカー名が重複したときの問題 が発生しない

includeしたページも編集可能(ただしこれは見出し行にアンカーがある場合のみ)

入手先

見出し編集を可能にするPukiWikiプラグイン "secedit.inc.php" - luntf.com

showrss2

概要

showrssプラグイン+表示行数の指定が可能 というだけです。

使用方法
#showrss2(RSSへのパス,テンプレート名,表示行数,キャッシュ生存時間,更新日表示フラグ)

変わったのは第3引数のみで、RSSの表示行数を指定します。(省略時はRSSで取ってきた件数全てを表示)

なお、キャッシュ生存時間及び更新日表示フラグを使用する場合は

#showrss2(http://hoge/huga.rdf,default,,1,1)

とカンマを余分に入れてください。

入手先

自作プラグイン/showrss2.inc.php - PukiWiki-official


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-27 (木) 10:51:15 (2274d)
www.000webhost.com